行政書士による、投資マンション解約、クーリングオフ手続代行
TOPに戻る 投資マンションよくある勧誘 依頼の流れ
ページ一覧 クーリングオフ以外の解約方法 運営事務所
マンション解約のご相談は    電話対応 24時間
投資マンション  よくあるクーリングオフ妨害 2
よくあるご相談
クーリングオフを申し出たところ、担当者が自宅前で帰宅を待ち伏せていた。
勤務先の出入り口付近で担当者に待ち伏せされた。

投資マンション契約では、クーリングオフ手続後、または手付解除の後に、担当者が直接自宅や職場に来るケースがあります。

契約金額が大きいだけに、一度獲得した契約を簡単にはあきらめてくれません。そこまでする強引な担当者もいます。

よくある、クーリングオフ妨害の事例
クーリングオフの通知書を出したところ、職場に担当者から電話が来た。

担当者は「クーリングオフはできない」「違約金が発生する」「とにかく会って話をする必要がある」などと、繰り返し主張していたが、「仕事中だから」 と告げて、早々に電話を切り、そのまま居留守を続けていた。
その日の夕方、帰宅しようと、職場のあるビルから外に出たところ、ビルの出入口に見覚えのある顔があった。

販売担当者が、私の帰社の時間を見計らって、職場のあるビルの入口で、私の帰りを待ち構えていたようだ。

立ちふさがる担当者を前にして、逃げるに逃げられず、そのまま喫茶店に同行を求められ、長時間の説得を受ける事になってしまった。

担当者は、一度説得して契約を獲得できたことで、「もう一度直接会いさえすれば、本人を説得をすることができる」「もう一度契約をさせることができる」と、自信を持っているケースが多く見られます。

そのため、クーリングオフ手続後も、繰り返し電話をかけて呼び出そうとしたり、待ち伏せて直接会おうとするケースが少なくありません。

よくあるご相談
クーリングオフを申し出たところ、担当者から「違約金がかかる」と言われた。
担当者から違約金を払うよう、繰り返し電話を受けた。

勧誘がしつこく悪質だった担当者は、クーリングオフ手続があっても、しつこく食い下がり、クーリングオフ妨害をしてくる傾向が顕著です。

数千万円もの高額な契約において、担当者から強硬に数百万円の違約金を要求された場合、経験が無いと、圧迫感・不安感で、冷静さを失ってしまいます。

クーリングオフ妨害や電話攻撃を受け、間違った選択をしたり、クーリングオフをあきらめてしまうことのないよう、専門事務所による手続代行・サポートを活用することをお勧めします。

よくある、クーリングオフ妨害の事例
クーリングオフしようと思い、販売会社にクーリングオフの通知書を送った。

しかし、通知書が届いた直後、担当者から電話が来た。

「既に契約の履行に着手しています。もうクーリングオフはできません。履行に着手しているのですから、違約金を払ってもらう必要があります」

「違約金は物件価格の20%であると、契約書にも書いてありますよね?」

「どうしても解約したいという事であれば、違約金として物件価格の20%、つまり400万円を、一括で支払ってもらうことになります」

「既に、重要事項を説明しましたし、契約書も取り交わしていますよね?」

「契約は既に動き出しているんです。契約の履行に向けて、既に動き出している以上、この契約書にも書かれている通り、違約金が発生します。」

「クーリングオフとかそういう問題ではありません。こちらには顧問弁護士もいるんです。裁判してもいいんですよ?」

「解約をするくらいなら、そもそもなぜ契約をしたのですか?契約違反をしたのはあなたなのですから、違約金が発生するのは当然です」

「とはいえ、もしこの通知書を撤回して、このまま契約を継続するのであれば、私から会社にかけ合ってあげてもいい。もしかしたら、会社側と金額を交渉できるかもしれません」

「違約金を払うよりも、契約をこのまま継続した方がいいですよ。いずれにしても、もう一度会って、話し合いをする必要があります」

などと、言われてしまった。

「クーリングオフの対象になるのではないですか?」と反論したものの、担当者は全く相手にしてくれない。

「履行に着手しているからクーリングオフはできません。どうしても解約するというのであれば、違約金400万円を払ってもらうことになります」

「とにかく会って話しをする必要があります。解約するにしろ、契約を継続するにしろ、会って話をしなければ話しは全く進展しません」

「このままの状態が続くと、あなたが不利になるばかりですよ。このままの状態が続けば、裁判になってしまうかもしれません。とにかくもう一度会わなければなりません」

「とにかく会う必要がある」の一点張りで、担当者から何度も何度も電話が来る。

不動産に関する業務は、経験や専門性を要しますので、どの事務所でも専門知識を以って扱える訳ではありません。

当事務所は、他の行政書士事務所、司法書士事務所からも多数の紹介がある、投資マンション契約のクーリングオフ、手附解除の専門事務所です。

クーリングオフ・解約代行5000件を越える実務経験に基づき、細やかに対応します。
1 執拗な勧誘のはじまり よくあるクーリングオフ妨害 1
2 しつこい電話勧誘 よくあるクーリングオフ妨害 2
3 会う約束をさせられる 契約させられる前に断りたい
4 担当者と直接会う クーリングオフ よくある失敗
5 自宅・職場での契約 クーリングオフ以外の解約
6 飲食店での契約 マンションの訪問販売 事例
マンション解約のご相談は    電話対応 24時間
運営事務所
マンション解約のご相談 日本全国
深夜も電話対応 24時間 365日
クーリングオフ 依頼の流れ
クーリングオフ よくある質問
クーリングオフの注意点
契約させられる前に断りたい
手続は必ず内容証明郵便で
クーリングオフ以外の解約
手附解除も内容証明郵便で!
投資マンション契約の注意点
行政書士による、投資マンション解約、クーリングオフ手続代行
クーリングオフ以外の解約方法 依頼の流れ TOPに戻る
事例ページ 一覧 運営事務所
投資ワンルームマンション 不動産投資 経営のクーリングオフ解約代行 マンション解約  無断転載・無断複写を禁じます