ページ一覧 クーリングオフできなくても 依頼の流れ 運営事務所 TOPに戻る
【投資マンション】 契約をさせられる前に断りたい

投資マンションの電話セールスを断りきれず、何度か担当者と会ってしまった場合、既に契約に向けて話しが動き始めているため、契約を断ろうとしても、簡単には納得してくれません。


「何度も会って説明させておいて、今さら断るのですか?」

「今まで契約するといっていたのに、いまさら何を言い出すんですか?」

「既に何度もお会いして人件費も発生していますし、経費もかかっています」

「もし、最初から契約する意思も無いのに、私共に説明をさせていたのであれば、これは業務妨害にあたります。当然、損害賠償請求の話しも出てしまいます」

「既にあなたのために物件を確保してあるんですよ?」

「他にも購入を希望されるお客様がいらっしゃったのに、それを断ってまで、あなたのために物件を確保したんですよ?」


などと、担当者から詰め寄られるケースも少なくありません。

既に担当者と何度か会っており、今さら契約を断り難い状況に陥ってしまった場合、無理に自分で対処しようとするよりも、専門事務所に依頼下さい。

まだ正式に契約をする前の段階であっても、専門事務所の手続がお勧めです。

当事務所から、契約締結の意思が無い旨、また、勧誘を停止すべき旨、内容証明郵便により警告することで対応いたします。


販売担当者の立場から見れば、契約獲得まであと一歩の状態です。

何度も打ち合わせを行ったことで、契約獲得への期待が大きくなっており、簡単にはあきらめてくれません。

担当者から「契約するつもりもないのに何度も説明させたのですか?」「契約するつもりもないのに何度も私を呼び出したんですか?」などと責められてしまうと、断る側としては、どうしても断り難い状況に陥ります。


「あなたも社会経験のある大人なんですから、マンション投資に興味があるからこそ、わざわざ時間を割いてここに来てくれていたはずです」

「電話の時だって、「興味がありますか?」と聞いたら「興味がある」と、はっきり仰ったじゃないですか」

「初めから断る目的を隠してここに来たのであれば、それは詐欺行為にあたるんじゃないんですか?」

「契約する意思があるかのように装って、私共の貴重な人件費と経費を無駄にさせたんですか?」


などと責められてしまい、罪悪感を感じ、断れない雰囲気になってしまいます。また、契約を断ろうと「家族に相談したい」「お金が無い」と担当者に言い訳をしようとしても、


「あなたは一家の大黒柱なんです。重大な決断は、家長であるあなたがするべきです」

「奥様には、大所高所に立った判断は難しい。目先のローンに目を奪われて、きっと反対する」

「奥様には、マンション投資が軌道に乗って、利益が出てから説明すればいい」

「それまでの間は、奥様に気付かれないよう、契約書類は私共が大切に保管しておきます」

「頭金が用意できないなら、私が、個人の立場として立て替えてあげてもいい」

「この新築物件であれば、入居者の心配なんて必要ありません。すぐに入居者が決まります」

「万が一空き室となっても、当社指定の空室保障制度が利用できますから大丈夫です」


などと説得され、ますます断り難い状況となってしまいがちです。

断ろうと理由を考えても、断る理由を一つ一つ切り返されてしまい、断る理由が潰されてしまいます。

また、話しが平行線となった場合でも、必ず次回のアポイントをとられ、説得は終わらず次回に持ち越しとなることもしばしばです。

この状況に至ると、もはや自力でこの状態から脱することは困難となります。

会う約束を無視しようとしても、繰り返し職場や自宅に電話が入り、対応せざるを得なくなります。

また担当者が、自宅・勤務先まで直接押しかけて来ることも、決して珍しいことではありません。担当者が自宅や勤務先の出入り口付近に張り込み、帰路を待ち伏せするケースも見られます。

既に何度か会っている訳ですから、担当者は、あと一歩、押しの一手で契約が獲れると考えています。


投資マンション契約・不動産取引は高額な取引であり、クーリングオフしても、悪質な担当者は簡単にはあきらめてくれません。

専門事務所による手続(代行手続)であれば、このような解約妨害を抑止することができます。

また、確実な証拠の残り難いハガキではなく、内容証明郵便により、クーリングオフ・契約解除の法的効果を確定させることが大切です。

当事務所は5000件のクーリングオフ代行実績がありますので、単に通知書を書いて終わり、通知書を送るだけで終わり、ではありません。

その後の対応など、細やかなアドバイスはもちろんのこと、解約合意書など、解約手続きが全て完了するまで完全なフォローを行っていますので、ご心配は一切要りません

自分で対処するよりも、まずは当事務所に直接ご相談下さい。

ページ一覧
1   執拗な勧誘のはじまり よくあるクーリングオフ妨害 その1
2   しつこい電話勧誘 よくあるクーリングオフ妨害 その2
3   会う約束をさせられる 契約させられる前に、契約を断りたい
4   担当者と直接会う クーリングオフ よくある失敗
5   自宅・職場での契約 もしクーリングオフができなくても
6   飲食店での契約 マンションの訪問販売 事例
ページ一覧 クーリングオフできなくても 依頼の流れ 運営事務所 TOPに戻る
Copyright (C) 2001 投資ワンルームマンション・不動産投資・経営のクーリングオフ解約代行 【無断転載・無断複写を禁じます】