ページ一覧 クーリングオフできなくても 依頼の流れ 運営事務所 TOPに戻る
投資マンション 【警戒が必要な仮契約】

 担当者から、「まだ仮契約で、契約は成立していない」 と
   言われたのですが?


通常、投資マンション契約で 「仮契約」 を締結することは少なく、
多くの場合、最初から 「契約」 もしくは 「申し込み」 となります。


契約を獲得するため、申し込みや本契約を 「仮契約」 と錯覚させるケースが多く、警戒を要します。

当たり前の話ですが、申込書へ記入した段階であっても、一度した申し込みは撤回しなければなりません。

まだ申し込みの段階であっても、クーリングオフ手続は必要となります。

クーリングオフには、「申し込みの撤回」も含まれます。

契約を獲得しようと焦った担当者が、警戒心を解き、契約書に記入させようと考え、実際には契約書であるにも関わらず、「仮契約」という虚偽の名目を口にすることがあります。


 【よくあるトラブル事例】

「今日はとりあえず仮契約ということで、詳細は後日詰めていきましょう」

「あ、いえいえ、これは仮契約ですから、契約は成立しないんですよ」

「ローンが組めるかどうか、契約前に予め確認しておく必要がありますから」

「これはローンの仮審査に必要な書類で、契約書ではありません」

「ローン会社だって、契約の予定も無いのに仮審査はしてくれませんから、契約する予定はあるんですよ、という意味で、仮契約書が必要なんです」


などと、書類への記入を求めてくるケースが見られます。

当事務所には、よく、「仮契約書を書いただけで、まだ契約はしていないのですが・・」というご相談が多く寄せられるのですが、

実際に書類を確認したところ、多くの場合、仮契約書などではなく、「土地付区分所有建物売買契約書」などと明記された、契約書そのものだった、というケースが少なくありません。

また、酷い担当者になると、

「これはまだ仮契約書ですから、本契約の際に書類をお渡しします」

「ローンの審査に必要な書類ですから、この書類は当社で保管しておきます。後日、当社からローン会社に提出しておきます」

などと、契約書類すら渡さないことがあります。

つまり、この場合、契約者は


・ まだ仮契約で、契約は成立していないと錯覚してしまう

・ 契約書を確認しようにも、契約書を渡されていないので、
 確認のしようが無い

・ 「今度会ったときに断ればいいや」と、状況を軽く考えてしまう

・ 切迫した危機感を感じていないので、
 自分で調べたり確認したりしない


結局、クーリングオフ期間内に何も出来なかった、何もしなかった、という状態に陥ってしまいます。

担当者から「仮契約で、契約ではありません」「契約書は後日渡します」などと説明された場合、警戒が必要です。

クーリングオフ手続が必要かどうか、自分で判断する前に、まずは当事務所にご相談下さい。

ページ一覧
1   執拗な勧誘のはじまり よくあるクーリングオフ妨害 その1
2   しつこい電話勧誘 よくあるクーリングオフ妨害 その2
3   会う約束をさせられる 契約させられる前に、何とか契約を断りたい
4   担当者と直接会う クーリングオフ よくある失敗
5   自宅・職場での契約 もしクーリングオフができなくても
6   飲食店での契約 マンションの訪問販売 事例
ページ一覧 クーリングオフできなくても 依頼の流れ 運営事務所 TOPに戻る
Copyright (C) 2001 投資ワンルームマンション・不動産投資・経営のクーリングオフ解約代行 【無断転載・無断複写を禁じます】