行政書士による、投資マンション解約、クーリングオフ手続代行
TOPに戻る 投資マンションよくある勧誘 依頼の流れ
ページ一覧 クーリングオフ以外の解約方法 運営事務所
マンション解約のご相談は    電話対応 24時間
クーリングオフ よくある質問 2
 クーリングオフ以外に、契約を解除する方法はありますか?
不動産取引では、クーリングオフ制度が適用される契約は限定されているため、
全ての不動産取引でクーリングオフできる訳ではありません。
不動産取引における一般的な契約解除の方法は、「手付解除」 となります。
クーリングオフとは異なり、手付金を放棄することによる契約解除です。
しかし、手付金放棄による契約解除も、無制限ではありません。
契約から時間が経過し、履行の着手の段階に至ると、一方的な契約解除ができなくなる可能性があります。
クーリングオフ制度の適用対象となるか、手附解除が可能かどうか、について、まずは当事務所にご相談下さい。


クーリングオフ制度が認められる不動産取引とは、

例えば、飲食店など、営業所以外の場所で申込み・契約した場合であって、なおかつ、宅建業者が自ら売主となる場合など、一定の要件を充たした場合など、宅建業法で定められた要件を充たした場合にのみ、クーリングオフ制度の適用を受けられます。

クーリングオフが出来ないケースについて、判り易い例を挙げれば、

「不動産業者の営業所で申込・契約をした場合」や、
「常設のモデルルームで契約した場合」
などは、購入意思が安定しており、クーリングオフの対象とはなりません。
また、「不動産仲介による個人間の不動産売買」も、対象とはなりません。

クーリングオフの対象とならない場合は、不動産取引の原則に戻り、手付金放棄による契約解除を検討することとなります。
当事務所は、他の行政書士事務所、司法書士事務所からも多数の紹介がある、投資マンション契約のクーリングオフ、手付解除の専門事務所です。

不動産に関する業務は、経験や専門性を要しますので、どの事務所でも専門知識を以って扱える訳ではありません。

投資マンション契約のクーリングオフや、不動産取引の手付解除は、一生に一度あるかないかの契約です。「うまくいかなかった」 「妨害されてしまった」 「やっぱり断れなかった」では済まされない、慎重を要する手続です。

本当に経験や専門性を要するのは、通知書を発送した後、事後の対応です。当事務所は、単に通知書を書いて終わり、通知書を発送しただけで終わりではありません。

クーリングオフ・解約代行5000件を越える実務経験に基づき、細やかに対応をいたします。

絶対に失敗の許されない投資マンション/不動産のクーリングオフ・手付解除の代行手続は、多数のクーリングオフ・手解約代行実績を持つ当事務所にご依頼下さい。
1 執拗な勧誘のはじまり よくあるクーリングオフ妨害 1
2 しつこい電話勧誘 よくあるクーリングオフ妨害 2
3 会う約束をさせられる 契約させられる前に断りたい
4 担当者と直接会う クーリングオフ よくある失敗
5 自宅・職場での契約 クーリングオフ以外の解約
6 飲食店での契約 マンションの訪問販売 事例
マンション解約のご相談は    電話対応 24時間
運営事務所
マンション解約のご相談 日本全国
深夜も電話対応 24時間 365日
クーリングオフ 依頼の流れ
クーリングオフ よくある質問
クーリングオフの注意点
契約させられる前に断りたい
手続は必ず内容証明郵便で
クーリングオフ以外の解約
手附解除も内容証明郵便で!
投資マンション契約の注意点
行政書士による、投資マンション解約、クーリングオフ手続代行
クーリングオフ以外の解約方法 依頼の流れ TOPに戻る
事例ページ 一覧 運営事務所
投資ワンルームマンション 不動産投資 経営のクーリングオフ解約代行 マンション解約  無断転載・無断複写を禁じます