よくある質問 クーリングオフできなくても 依頼の流れ 運営事務所 TOPに戻る
   ページ一覧
PC用ホームページ PC用ホームページはここから

投資マンション
よくある勧誘事例
 1 しつこい勧誘の始まり
 2 しつこい電話勧誘
 3 電話勧誘から会う約束へ
 4 担当者と直接会う
 5 自宅・職場での契約
 6 飲食店での契約
新築マンションの訪問販売  新築マンションの突然の訪問販売
クーリングオフ妨害  よくあるクーリングオフ妨害 その1
 よくあるクーリングオフ妨害 その2
契約の直前で断りたい場合  自分でどうしても契約を断れない場合の対処
手続代行の利点  専門事務所の手続代行を利用するメリット
投資マンション契約の注意点  マンション投資の注意点
 マンション投資の注意点 よくあるセールストーク
クーリングオフ制度  クーリングオフ よくある質問 その1
 クーリングオフ よくある質問 その2
 クーリングオフ 注意点
 注意が必要な仮契約
 クーリングオフ よくある失敗
 事務所・営業所で契約した場合
クーリングオフは内容証明郵便で  クーリングオフ手続は必ず内容証明郵便で
クーリングオフできなくても  手付金放棄による契約解除 (手附解除)
 手付解除も必ず内容証明郵便で!
代行依頼の流れ  専門性が重要です。専門事務所にご依頼下さい。
 運営事務所
よくある質問 クーリングオフできなくても 依頼の流れ 運営事務所 TOPに戻る
Copyright (C) 2001 投資ワンルームマンション・不動産投資・経営のクーリングオフ解約代行 【無断転載・無断複写を禁じます】